プレイリスト

似てる曲が急増中?「テイク・オン・ミー」のリズムを使った日本のポップス15選

テイクオンミーが元ネタの曲

1985年にヒットを記録したa-haの「テイク・オン・ミー」のリズムの引用が、2020年代に入ってから世界的なトレンドになっています。

きっかけは2019年後半に発表されたザ・ウィークエンドの「Blinding Lights」。以降、洋楽では以下の曲にも「テイク・オン・ミー」の影響が見られました。

  • コールドプレイ「Higher Power」
  • キッド・ラロイ & ジャスティン・ビーバー「STAY」
  • ハリー・スタイルズ「As it was」

もはや猫も杓子も「テイク・オン・ミー」状態。その波は日本にも及んでいます。

そこで今回は、日本のポップスから「テイク・オン・ミー」のリズムを使った作品を紹介します。

「テイク・オン・ミー」のリズムを使った日本の曲15選

まずa-haの「テイク・オン・ミー」がどんなリズムか、いま一度原曲でチェックしてみましょう。

独特なグルーヴの8ビートが一度聴くと耳に残ります。

そんな「テイク・オン・ミー」のリズムを取り入れた日本の曲は以下の通りです。

  1. 今市隆二/Future Lover
  2. MARiA/Think Over
  3. Lafuzin/キャリー・ストーリー
  4. 武藤彩未/again again
  5. innes/FEELINGS
  6. Ado/新時代
  7. 神宿/NEW WORLD!!
  8. AMEFURASSHI/SENSITIVE
  9. 宮川大聖/ファンファーレ
  10. CAPSULE/ギヴ・ミー・ア・ライド
  11. 花澤香菜/Don't Know Why
  12. 無果汁団/ビッグ・タイム
  13. 伊藤銀次/夏のシャングリラ 
  14. 酒井法子/マグニチュード・ヒロイン
  15. 浅香唯/コンプレックスBANZAI !!

では詳しく紹介していきましょう。

今市隆二/Future Lover

三代目 J SOUL BROTHERSのボーカル・今市隆二の3枚目のソロアルバムから。

アルバムのテーマ自体が80年代レトロフューチャーで、オープニングを飾るこの楽曲の設定も映画「ブレードランナー」の世界観をまとった「レプリカントとの恋」。

日本版「Blinding Lights」ともいうべき完璧な「テイク・オン・ミー」のオマージュ作品に仕上がっています。

MARiA/Think Over

音楽ユニットGARNiDELiAのボーカリスト・MARiA(メイリア)のソロ曲。

GARNiDELiAにもテイク・オン・ミーのリズムを下敷きにした楽曲がありましたが、evening cinemaの原田夏樹が提供したこの曲は、もっとレトロ色が出ています。

Lafuzin/キャリー・ストーリー

田村三果とBRIAN SHINSEKAIのカップルで結成したポップス・デュオ「Lafuzin」。

日ごろから80年代ポップス研究に精を出すBRIAN SHINSEKAIらしい、かなりマニアックなテイク・オン・ミーのリズム引用曲です。

武藤彩未/again again

アイドルグループ「さくら学院」の元メンバー。現在はソロアイドルとして活動する武藤彩未が、2022年11月に発表したミニアルバム「glitter beat」からの先行配信曲。

リズムだけでなく、夜のフリーウェイ・ドライブが舞台のMVも含めて「テイク・オン・ミー」の疾走感をうまく取り込んでいます。

innes/FEELINGS

2021年から活動しているアイドルグループ「innes」(イネス)の1stシングル。

出だしのリズムがハネ気味なので、ファレル・ウィリアムスの「Happy」やテイラー・スウィフトの「Shake It Off」といった2010年代的な匂いも感じさせます。

ただそのあとは「テイク・オン・ミー」のリズムに移行。

「夜のグラデーション/遠くサテライトが光る」といった歌詞はシティ・ポップのニュアンスです。

Ado/新時代

2020年のデビュー以来、快進撃を続けるシンガー・Adoが歌うアニメ「ONE PIECE FILM RED」の主題歌。楽曲を提供したのは中田ヤスタカ。

トレンドを察知して広く聴かれる曲に「テイク・オン・ミー」のリズムを入れるのが、中田ヤスタカらしい抜かりのなさです。

神宿/NEW WORLD!!

原宿系4人組アイドルグループ「神宿」(かみやど)が2022年9月12日に配信限定で発表したシングル曲。Adoの曲名が「新時代」に対して、こちらは「新世界」です。

こうして何曲か聴いてみると、テイク・オン・ミーのリズムは「新しい」「未来」などをイメージさせるのだと改めて気づかされます。

AMEFURASSHI/SENSITIVE

歌唱力とダンス・パフォーマンスに定評のある4人組アイドル・AMEFURASSHIが2021年11月に発表したシングル曲。

サビ終わりのリフもちゃんと引用しています。

途中からEDM的なスネアロールが入るのが印象的。

宮川大聖/ファンファーレ

「みやかわくん」の名で知られるシンガー・宮川大聖が2022年の発表した2ndアルバムから。

引用したのはリズムのみで、リフや曲調はまったく違います。

CAPSULE/ギヴ・ミー・ア・ライド

2022年に発表されたCAPSULEのアルバム「メトロパルス」からのリードトラック。

トレンドを踏まえつつも、1分以上あるイントロの長さで時代に逆行しています。

長いイントロでも立体的な音づくりにすることで、否応なしに聴かせてしまう。

「どうだ、これでも長いイントロが退屈か?」といわんばかりの中田ヤスタカの挑戦的な側面が出た作品です。

花澤香菜/Don't Know Why

声優・花澤香菜の6枚目のアルバムから。

プロデュースを務めたROUND TABLEの北川勝利は、「テイク・オン・ミー」を狙ったとインタビューで明かしています。

例えば今作に入っている“Don’t Know Why”という曲は、The Weekndが“Blinding Lights”でやっていたのと同様、元ネタはa-haの“Take On Me”なんですよ(笑)。そんなのはもう何周も回った遊びというか、元ネタ探しも「込み」でこの曲を楽しんでいて。「よし、The Weekndがそうくるなら俺は“Take On Me”をこんなふうに料理してやる!」みたいなモチベーションで“Don’t Know Why”もつくっているんですけど、感想など読むと「なんか昭和っぽい」「懐かしい」みたいな声が多くて。

花澤香菜を新境地へ導いた2人に聞く。アニソンとシティポップの交差点で何が起きている?

無果汁団/ビッグ・タイム

blue marbleとして活動していたとんCHANとショック太郎が、ボーカリスト・みさきを迎えて作った新たなグループ「無果汁団」。

リズムの取り方が若干異なるものの、バックのシンセで「テイク・オン・ミー」に漂う緊張感を取り入れているのを感じます。

伊藤銀次/夏のシャングリラ

伊藤銀次が1986年に発表したアルバム「GET HAPPY」から。

伊藤銀次といえば、バンド「ごまのはえ」の時代から師匠・大瀧詠一のもとで学んだ人。

大瀧詠一が過去のポップスのスタイルを使って楽曲を制作したことにならい、当時流行していたポップスのスタイルを取り込んだのがこの曲です。

イントロであきらかに「テイク・オン・ミー」のリフを参照しつつ、リズム、曲のニュアンスも引用。

1980年代の日本でもっとも意識的に「テイク・オン・ミー」をモティーフに作られた曲といっていいでしょう。

酒井法子/マグニチュード・ヒロイン

酒井法子が1987年に発表した1stアルバムから。

スタートのリズムの取り方が若干異なるものの、ビートの強さと、そこからリフにつなぐ展開に「テイク・オン・ミー」を感じます。

編曲は馬飼野康二。なお酒井法子の曲では、同じく馬飼野康二が編曲を担当した「キャッチワードが切り出せない」もどことなく「テイク・オン・ミー」風です。

浅香唯/コンプレックスBANZAI !!

浅香唯が「スケバン刑事III」でブレイクする半年ほど前の1987年2月に発表した2ndアルバムから。

1980年代半ばから、イントロやアウトロ、間奏を長くする「エクステンデッド・ミックス」が流行りました。

この曲も、シングル・バージョンのイントロにドラムの音を付け加えた「エクステンデッド・ミックス」です。

結果的にシングル・バージョンよりも「テイク・オン・ミー」感が強くなりました。


日本のビートロックと「テイク・オン・ミー」のリズムの関係

1980年代、日本にはBOØWYやROGUEに代表される「ビートロック」というジャンルがありました。

「ビートロック」のなかには「テイク・オン・ミー」のリズムの使用が指摘されている曲がいくつもあります。

しかし「ビートロック」はスネアの音が硬質で8ビートを基調とする音作りが特徴なので、おのずと全部が「テイク・オン・ミー」のリズムになるのです。

  • BOØWY「B・BLUE」
  • レベッカ「フレンズ」
  • バービーボーイズ「夜の街」
  • 吉川晃司「キャンドルの瞳」

上記の楽曲に「テイク・オン・ミー」のリズムを感じたとしても、「システム上たまたまそうなっただけ」が実情でしょう。

おわりに

今回は日本のポップスから、「テイク・オン・ミー」のリズムを使った楽曲を紹介しました。

  1. 今市隆二/Future Lover
  2. MARiA/Think Over
  3. Lafuzin/キャリー・ストーリー
  4. 武藤彩未/again again
  5. innes/FEELINGS
  6. Ado/新時代
  7. 神宿/NEW WORLD!!
  8. AMEFURASSHI/SENSITIVE
  9. 宮川大聖/ファンファーレ
  10. CAPSULE/ギヴ・ミー・ア・ライド
  11. 花澤香菜/Don't Know Why
  12. 無果汁団/ビッグ・タイム
  13. 伊藤銀次/夏のシャングリラ 
  14. 酒井法子/マグニチュード・ヒロイン
  15. 浅香唯/コンプレックスBANZAI !!

ぜひ「テイク・オン・ミー」のリズムを味わって聴いてください。

あわせて読みたい
あわせて読みたい
あわせて読みたい
  • この記事を書いた人

kinuzure

人生の大半の時間を中古盤DIGについやしてきたポップスマニア。いまだに大人になれていないクリスタルな四十路男。【来歴】1980年代、幼少期にAORと歌謡曲を聴いて育つ。 海外のAORを数多く聴いていたものの、あるとき「AOR歌謡」を発見。強く惹かれる。【好物】レコード/古本/1980年代/生クリーム/コーヒー/ウィスパーボイス/ディミニッシュコードの響き

-プレイリスト