エイミー シティポップ

AOR歌謡レビュー

2023/1/21

AMYの1stアルバムは80年代の「クリスタル」な感覚が詰まったシティポップ名盤

長らく入手しづらい状態だった1983年発表のAMY(エイミー)の1stアルバム「AMY」。 ポップス・マニアにはよく知られたプレミア盤でしたが、世界的なシティポップ・ブームをうけ、2021年にレコードとCDでリイシューされました。 とはいえそこまで話題になっていないようなので、また埋もれないようここで紹介します。 AMYの1stアルバムってどんな作品? 本盤は1983年に松原正樹プロデュースによって制作されたAMYの1stアルバム。全曲のアレンジも松原正樹が務めています。 AMYは、本盤1曲目に収録された ...

ReadMore

テイクオンミーが元ネタの曲

プレイリスト

2023/1/21

似てる曲が急増中?「テイク・オン・ミー」のリズムを使った日本のポップス15選

1985年にヒットを記録したa-haの「テイク・オン・ミー」のリズムの引用が、2020年代に入ってから世界的なトレンドになっています。 きっかけは2019年後半に発表されたザ・ウィークエンドの「Blinding Lights」。以降、洋楽では以下の曲にも「テイク・オン・ミー」の影響が見られました。 もはや猫も杓子も「テイク・オン・ミー」状態。その波は日本にも及んでいます。 そこで今回は、日本のポップスから「テイク・オン・ミー」のリズムを使った作品を紹介します。 「テイク・オン・ミー」のリズムを使った日本の ...

ReadMore

増田未亜 ホットスイートメモリー

AOR歌謡レビュー

2022/12/8

増田未亜「HOT SWEET MEMORY」は天然のウィスパーボイスが味わい尽くせる一枚

「地球防衛少女イコちゃん2 ルンナの秘密」でイコちゃん役を演じて以降、80年代の終わりから90年代の初めまで歌手として活躍した増田未亜。 今回はそんな増田未亜が、1989年からおよそ約3年の間に発表した曲をまとめたベストアルバム「HOT SWEET MEMORY」(1992年)を紹介します。 増田未亜「HOT SWEET MEMORY」は天然のウィスパーボイスが味わい尽くせる一枚 本盤は1989年4月~1992年3月までに増田未亜が発表した楽曲からセレクトしたベストアルバム。 増田未亜の特徴だった天然のウ ...

ReadMore

増田未亜ハピネス

AOR歌謡レビュー

2022/12/8

増田未亜「HAPPINESS」の牧歌的でファンシーなパステルトーンの世界

90年代の初頭、天然のウィスパーボイスを持ち味にした歌で同時代のアイドル歌手のなかでも出色の存在感を発揮していた増田未亜。 今回はそんな増田未亜が1990年に発表した2ndアルバム「HAPPINESS」を紹介します。 増田未亜「HAPPINESS」とはどんなアルバム? 「HAPPINESS」は増田未亜が1990年に発表した2ndアルバムです。 80年代から活躍している奥慶一、京田誠一、林有三の3人が編曲家として参加しています。 1990年といえば、アグレッシブで輪郭のハッキリした音楽が台頭しつつあった時代 ...

ReadMore

ぴんく

AOR歌謡レビュー

2022/11/30

麻生小百合「ぴんく」は歌声の中毒性ひとつで聴かせる「駄傑作」

80年代のおもしろそうな音楽を探している方、こんにちは。 あるいはあの頃出会った音楽が心の片隅に引っかかっている方、ようこそ。 今回はシンガー・麻生小百合の3作目にして事実上のラストアルバムとなった「ぴんく」(1983年)を紹介します。 麻生小百合「ぴんく」とはどんなアルバム? 1983年に発表された麻生小百合の3rdアルバム「ぴんく」は、80年代ポップス・ファンから奇盤扱いされている作品です。 いままで売りにしてきた「キャンディ・ジャズ」はいずこへ。 ジャズ風ポップスだと思ってフタを開けてみると、聴こえ ...

ReadMore